- Profile -

櫻井哲夫プロフィール

(BASSIST, COMPOSER, PRODUCER, INSTRUCTOR)

ベースという楽器を使って自己実現を追求。人の心に響く音楽活動を生涯のテーマとしている。リーダー活動は、ソロ・ライブ、櫻井哲夫バンド、Jacoトリビュート・ライブ。1976年~1989年「カシオペア」、1990年~1998年 「JIMSAKU」のメンバーとして活動。全国各地と世界約20ヶ国で公演活動。1999年以降ソロ・アーティストとして、独特の暖かさや激しさを持つオリジナル曲とベース・プレイで国内、海外に活動の輪を広げる。 Projectとして、アメリカのDennis Chambers, Greg Howeとの "GENTLE HEARTS"、ブラジルのDjavan, Ivan Lins, Rosa Passos, Filo Machado達との "BRASIL CONNECTION”など、海外アーティストと共演も多く、国際ジャズフェスティバルにも多数出演。その他、Bob Jamesのアジア・ツアー、梁邦彦、川口千里、世良公則のサポート等。後進の育成として、昭和音楽大学で講師を務める。ドイツのWarwick Bass Camp 2014, 2015, 2016(1週間の合宿セミナー)にプロフェッサーとして参加。2017年11月、還暦を迎える。

1979年レコードデビュー以来、CDは、ソロ13枚、バンド35枚、DVDは、教則4枚、ライブ7枚、ドキュメンタリー1枚をリリース。
最新作は、2015年、ソロアルバムCD『Nothin’ but the Bass』、2017年、ドキュメンタリーDVD『櫻井哲夫 密着365日 ~国境を越えて音世界を旅するベーシストの日々~DVD2枚組]』が発売中。
(敬称略)

(敬称略)

http://www.tetsuosakurai.com
https://www.facebook.com/tetsuo.sakurai.bass
https://www.facebook.com/TetsuoSakuraiOfficial

To Page Top

- Biography -

1976年 野呂一生と「カシオペア」を結成。ヤマハ主催のコンテスト”East West”第1回大会に出場。
1977年 ヤマハ主催のコンテスト”East West”第2回大会に出場。優秀賞受賞。
1978年 Al Cooperの東京、大阪コンサートにJeff Baxter, Keith Knudsenと参加。
1979年 5月、Brecker Brothers, David Sanborn参加の1st Album『CASIOPEA』でレコード・デビュー。11月、『SUPER FLIGHT』発売。シングル『I LOVE NEW YORK』(JALニューヨーク・キャンペーンCMソング)発売。
1980年 4月、『THUNDER LIVE』発売。11月、『MAKE UP CITY』発売。12月、Harvey Mason、Bob James、プロデュースの『EYES OF THE MIND』を、L.A.でレコーディング。
1981年 4th Album『MAKE UP CITY』が全米で発売。4月、『EYES OF THE MIND』発売。東京厚生年金会館で、Harvey Masonとコンサート。10月『CROSS POINT』発売。全国ツアー開始。
 1982年  5月『MINT JAMS』発売。9月ブラジル、ジャマイカ一人旅。10月、Lee Ritenour、Nathan East、Don Grusin、Harvey Masonと『4×4』をレコーディング、12月発売
 1983年  4月『PHOTOGRAPHS』発売。6月『AIR SKIP』発売。9月、『JIVE JIVE』をロンドンでレコーディング。ドミニオン・シアターで初公演。大反響。11月発売。
 1984年  1月マクセル・ハイファイ・ビデオ・カセット・テープのCM出演。(グアムのココス島で収録)。3月シングル『THE SONDGRAPHY』発売。4月アルバム発売。6月FM東京『MY DEAR LIFE』に出演、渡辺貞夫と初共演。7月、ヨーロッパ・ツアー(スウェーデン、デンマーク、オランダ、スイス、フィンランド、ロンドン)The Montreux Jazz Festival, North Sea Jazz festival, Poli Jazz Festival, Hammersmith Odeon等に出演。スイスでは、Miles Davis Bandと対バン出演。大反響。そのままNYレコーディングへ。8月よみうりランドEASTと大阪で、「LEVEL 42」を迎えて共演。9月、インドネシア・ツアー(ジャカルタ、スラバヤ全5公演)。10月『DOWN UP BEAT』発売。
 1985年  4月、両国国技館で『CASIOPEA LIVE』LD映像収録。7月、ヨーロッパ・ツアー(西ドイツ、スウェーデン、デンマーク、オランダ)。アジア・ツアー(シンガポール、タイ、香港計6公演)を行う。8月、LA SPECIAL BANDを招いて、全国4カ所ツアー。9月『HALLE』発売。『CASIOPEA LIVE』LD発売。12月、『CASIOPEA LIVE』CD発売。
 1986年  4月1st Solo Album『DEWDROPS』発売。6月NYレコーディング。8月Gerry Goodman Groupと共演。9月『SUN SUN』発売。12月『CASIOPEA PERFECT LIVE』映像収録。
 1987年  2月、『CASIOPEA PERFECT LIVE』LD発売。東南アジア・ツアー(タイ、マレーシア、シンガポール、香港計9公演)。4月、ブラジル縦断ツアー(サンパウロ、ロンドリーナ、クリチーバ、ポルトアレグレ、レシフェ、サルバドール)。サンパウロでGilberto Gilと共演。6月、NYレコーディング。7月『CASIOPEA PERFECT LIVE』CD発売。9月、『PLATINUM』発売。11月、ブラジルのシンガー、Djavanに楽曲『REAL』を提供したアルバム『NAO E AZUL』が、日本で発売。
 1988年  4月、『EUPHONY』発売。6月、ブラジル・ツアー(サンパウロ、ロンドリ-ナ、クリチーバ、ポルトアレグレ、リオ・デ・ジャネイロ、レシフェ、サルバドール)。9月、オーストラリア(ブリスベン)、メキシコ(メキシコ・シティー)、アメリカ(ロサンゼルス)でライブ。11月、『CASIOPEA WORLD LIVE』CD発売。
1989年   1月、『CASIOPEA WORLD LIVE』LD発売。7月、神保彰とのユニット“シャンバラ”で、『SHAMBARA』発売。10月、久保田利伸、土岐英史と共演した「MUSIC PARTY」放映。12月。神保彰と「カシオペア」を脱退。「JIMSAKU」を結成。
 1990年  7月、1st Album『JIMSAKU』を発売。
 1991年  9月、『45℃』発売。
 1992年  メルセデス・ベンツのTV・CFに出演。8月、『JADE』発売。
 1993年  4月、『100%』発売。7月、『WIND LOVES US』発売。教則ビデオ『VARIOUS EXPRESSION for The Electric Bass』発売。
 1994年  music college MEZAR HAUSでベースのインストラクターを開始。シャープ・ワープロ「あざやか書院」のTV・CFに出演。9月、『NAVEL』発売。12月、サンヨー・ホールでJIMSAKU with Toots Thielemansのコンサートを行う。
 1995年  インドネシア・ツアー(4都市)を行う。Jakarta Jazz Festival 1995に出演。7月、『BLAZE OF PASSION』発売。アドリブ誌のベスト・アドリブ・アワード1995(国内ジャズ・フュージョン部門)を受賞。11月、『BEST SELECTION』発売。
 1996年  パーフェクトTVの音楽番組“MINT CLUB”のハウス・バンドとパーソナリティーを担当。(ゲスト:EPO、NORA、小野リサ、渡辺真知子、世良公則、佐藤竹善、大槻ケンヂ他) 11月、角松敏生プロデュースによる「JIMSAKU」のボーカル・アルバム『DISPENSATION』発売。
 1997年  9月、教則ビデオ『SOLO DUO TRIO』発売。【JIMSAKU featuring 渡辺香津美】で、インドネシアJakarta Jazz Festival 1997に出演。12月、“人間Drum’n Bass”をコンセプトに『MEGA db』発売。
 1998年  本多俊之、塩谷哲、渡辺香津美をゲストに迎え、ブルーノート東京で1週間公演を行う。「JIMSAKU」の活動を終了。 大阪ブルーノートで【櫻井哲夫 with 春畑道哉】セッションを行う。
 1999年  2nd Solo Album『21世紀の扉』発売。全国20カ所のツアー。 CSテレビ放送(SKY PerfecTV! & DIRECTV)とインターネット放送(Panasonic HI - HO)を絡めたライブイベント“MpTV スペシャル 櫻井哲夫 コレクティブ”がマンスリーで開始する。
 2000年  6月、カシオペアとデビュー20周年記念ツアー。ライブCD『TLM20』発売。
 2001年  3月、Greg Howe(gt)とDennis Chambers(dr)をメンバーに迎えた4th Solo Album『GENTLE HEARTS』を発売。 10月、教則ビデオ【BASS MANIA】発売。12月、【櫻井哲夫 with DENNIS CHAMBERS】で全国ツアー。大阪ブルーノートで3年目になる恒例の【櫻井哲夫 with 世良公則】クリスマス・ライブを行う。
 2002年  鳥取県で行われた国民文化祭で、メイン・ステージ(世良公則、中西圭三、NORA、岩崎宏美、塩谷哲他)の音楽プロデュースを行う。
 2003年  Djavan、Ivan Lins、Rosa Passos他ブラジルの豪華シンガーをゲストに迎え、リオデジャネイロ録音によるセルフ・カバー・ボーカル・アルバム、5th Solo Album『Cartas do Brasil ~ブラジルからの手紙~』発売。
 2004年  4月、韓国のTV局EBSの音楽番組SPACEに出演。 8月、札幌Jazz Forest、岩見沢KITAON Jazz Festival出演。 8,9月、Greg、Dennis、小野塚晃と『GENTLE HEARTS TOUR 2004』を行い、韓国Jarasum Jazz Festival 2004に出演。
 2005年  2月、【GENTLE HEARTS TOUR 2004 LIVE DVD & CD】をリリース。3月、Jakarta International Java Jazz Festival 2005に出演。インドネシアのロックバンド”DEWA”に招待され、TV出演、コラボレーション・ライブのため、9月,11月とインドネシアを訪れる。
 2006年  2 月、ブラジルのシンガー、フィロー・マシャードを迎え、『櫻井哲夫BRASIL CONNECTION featuring FILO MACHADO TOUR』を行い、全国10カ所と、3月、インドネシア Jakarta International Java Jazz Festival 2006にも出演。7,10月に『櫻井哲夫BRASIL CONNECTION featuring FILO MACHADO LIVE VOL,1&2』CDを発売。
 2007年  2月、『BRASIL CONNECTION Live at JJF2006』DVD発売。6月、岡崎倫典とのデュオユニット、FAR EAST 1st CD 『IMO』発売。7~8月、GENTLE HEARTS TOUR 2007をDennis, Greg, 松本圭司と行う。9月、Bob James, Jack Lee, Lewis Pragasamと韓国のEBS-TVに出演。11月、Don Grusin, Bill Sharp (SHAKATAK), Carlos Lios、本田雅人、則竹裕之とJakarta Jazz Festival 2007に出演。
 2008年  3月、インドネシア Jakarta International Java Jazz Festival 2008に出演。11月、日野賢二との新ユニット”TETSUJINO”の1st CD『DOUBLE TROUBLE』がキングレコードより発売。アドリブ誌のアドリブ・アワード2008(国内ジャズ・フュージョン部門)を受賞。Bob James のアジア・ツアー(香港 Jazz Festival、上海Center Theatre & JZ Club、インドネシアBatam Jazz Festival)に参加。12月、渡辺貞夫ライブに参加。
 2009年  1,2月、”TETSUJINO” ツアー。6月、KEIKO LEEとタイのHua Hin Jazz Festivalに出演。7~9月、”PEGASUS” 全国21会場”始めまして”ツアー。9月、レコード・デビュー30周年記念ソロ・アルバム『MY DEAR MUSICLIFE』発売。9月21日、JacoPastoriusの命日に第1回Tribute Liveを行う。11月~、”櫻井哲夫”全国8会場”デビュー30周年記念”ツアー。12月、4作目の教則DVD『Sakurai Style Slap Bass』を発売。
 2010年  2月、”PEGASUS” CD『Acoustic Duo』& DVD『Acoustic Show』発売。3,4月、全国16会場”よろしく”ツアー。9月、Dennis Chambers, Greg Howeを迎えたスタジオ録音ソロアルバム『VITAL WORLD』発売。全国4会場、Jaco Tribute Tour。11月、全国9会場バースデーライブツアー。12月、全国7会場ソロベースライブ初ツアー。
 2011年  全国28会場、東日本大震災復興支援ソロライブツアー。義援金を寄付。4月、昭和音楽大学で講師活動開始。9月、北京 Jazz Festival 、11月、Montreux Jazz Festival Japan に本田雅人バンドで出演。
 2012年  全国35会場、東日本大震災復興支援ソロベースツアー。義援金を寄付。全国6会場、Jaco Tribute Live。3月、Korean Guitarist "JY" recording in Bangkok。5月、夏木マリ『ろくまる』コンサート、東京国立劇場。9月、11thソロアルバム『Talking Bass』(ゲスト:Marcus Miller) 発売。10月、Indonesia Jakarta Jazz Festival 2012に、ソロベースパフォーマンスで出演。12月、コントラバスで参加した、舘ひろし『sings YUJIRO』レコード大賞企画賞受賞。クリスマスライブ with 岩崎宏美を主催。
 2013年  全国24会場、『Talking bass』ソロライブ~Sailing Alone Tour~。3月、Indonesia Kampoeng Jazz Festival 2013に、ソロベースパフォーマンスで出演。Glenn Fredly, Tompi, Sandhy Sondoroらと共演。4月、舘ひろし"IN THE MOOD" 2013 Tour に参加。7月、夏木マリバンドで Fuji Rock Festivalに出演。8月、 ソロCD『Vital World』が、Thaiで発売。9月、ドイツのWarwick Open Day Partyに、ソロベースパフォーマンス出演。櫻井哲夫 Jaco Tribute Band の CD『It's A Jaco Time !』発売。10月、夏木マリイベントでブラフマンのToshi-Lowと共演。11月、櫻井哲夫 "NEW LIVE" 東名阪ツアー。Tony Greyとセッション。12月、クリスマスライブ with 土屋アンナ。梁邦彦 Christmas Piano Fantasy@韓国芸術の殿堂ホールに参加。
 2014年  レコードデビュー35周年。念願のコントラバスを購入。亀田誠治と偶然出会う。4月、35周年ライブ(ゲスト:土屋アンナ)@STB139。5月から全国27会場でソロライブ。6月から半年間腱鞘炎治療。梁邦彦公演、8月韓国済州島、9月韓国ソウル『JOY OLPARK FESTIVAL in Korea』。11月、Thaiのプーケットフェスティバルに安部潤バンドで出演。
 2015年 5月、亀田誠治プロデュース、12thソロアルバム『Nothin’ but the Bass』(ゲスト:Nahan East, 亀田誠治、Kenken、沖仁、Shiho(Fride Pride)、土屋アンナ)発売。6月から全国27会場でソロライブ。8月夏木マリバンドで Rising Sun Rock Festival 2015 in EZOに出演、梁邦彦バンドで韓国済州島JEJU FANTASY2015に出演。9月、ドイツのWarwick Bass Camp2015にインストラクターとして参加。9月21日、JACOの命日にブルーノート東京でJACO TRIBUTE SESSIONを行い、2ステージとも完売大盛況。10~12月、梁邦彦Evolution Tour2015に参加し、3ヶ月間に韓国を8回訪問。12月、タイのCHIANG MAI JAZZ FESTIVALと、HITMAN JAZZ PARTYにJ-JAZZ SUPER BANDで出演。
 2016年 1月、サントラで参加した『さらば、あぶない刑事』の映画にウッドベース奏者で出演。3月、ゲストに?亀田誠治、沖仁、Shiho(Fride Pride)、土屋アンナ、川口千里を迎えて、ブルーノート東京で『櫻井哲夫 ”Nothin’ but the Bass”』公演。5月テリーボジオ公演に参加。6月から全国31会場でソロライブ。9月、ドイツのWarwick Bass Camp2016にプロフェッサーとして参加。9月21,22日、JACOの命日にコットンクラブ東京でJACO TRIBUTE SESSIONを行う。12月横浜商業高校の芸術鑑賞会で講演。梁邦彦、韓国&東京公演に8本参加。
 2017年 全国45会場でソロライブ。3月川口千里全国ツアーに参加。5月『櫻井哲夫 密着365日 ?国境を越えて音世界を旅するベーシストの日々?[DVD2枚組]』発売。9月ドイツWarwick 35周年イベントに参加。横浜商業高校の芸術鑑賞会で講演。9/21、Jaco命日にMotionblue横浜でトリビュートライブ。世良公則40周年アルバム&大阪野音ライブ、FNS歌謡祭に参加。11/13、還暦を迎える。梁邦彦、韓国&東京公演に7本参加。
 2018年 1月ブルーノート東京で、Simon Phillips(dr)をゲストに迎え、櫻井哲夫 New Year Session(Shiho(vo)宮川純(key)菰口雄矢(g))を行う。2月韓国平昌オリンピックで音楽監督の梁邦彦公演に参加。3月、24年間ベース講師を務めたメーザーハウスを退任。6月から全国各地でソロライブ。
(敬称略)

To Page Top

PROFILE INDEX

Social Media